出版事業

トップページ >> 出版事業:経団連出版 >> 自己啓発 >> 日本型キャリアデザインの方法 ─「筏下り」を経て「山登り」に至る14章

経団連出版 書籍詳細

お問い合わせは:TEL 03-6741-0043

ご注文について カートの中を確認する(購入) 一覧[自己啓発]へ戻る
カートに入れる 日本型キャリアデザインの方法 ─「筏下り」を経て「山登り」に至る14章
大久保幸夫著
四六判 156頁
定価 1,296円
ISBN978-4-8185-2909-0

内容ともくじ
◇あなたの職業人生を豊かに!

 ひとつの会社に新卒で入社して定年を迎える人は、今や少数派といえます。また、一社に長く勤めていても転勤や職種の異なる異動、管理職への昇進などの節目で自身のキャリアを考えざるをえないときが必ずあるはずです。
 本書では、すでに職業経験を積んでいる社会人を対象にキャリアデザインの方法を説くこと、そして日本人のためのキャリアデザインを語ることを念頭に置いて、海外で蓄積されたキャリア理論だけでなく、日本の企業社会に生きる日本人についての調査やインタビューでわかったことを加え説いていきます。
 本書を読みながら、自身のキャリアについて考えてみませんか? 考え、そして行動することは、自身の職業人生をきっと豊かにしてくれるはずです。

〈おもな目次〉
T キャリアデザインとは
 ○キャリアの節目に立ち止まる
 ○仕事に対する自己概念をつくる
 ○職業能力を育てる─基礎力と専門力
U 「筏下り」の技法
 ○人事異動をキャリア形成に利用する
 ○成長実感を持ち続ける
 ○経験から学ぶリーダーシップ
V 「山登り」の技法
 ○すべての人はプロフェッショナルを目指す
 ○プロになる過程─守・破・離
 ○山の向こう側にあるもの

〈著者略歴〉
大久保幸夫(おおくぼ・ゆきお) 1983年一橋大学経済学部卒業後、リクルート入社。人材総合サービス事業部企画部長などを経て1999年よりリクルートワークス研究所長。著書「キャリアデザイン入門T・U」「仕事のための12の基礎力」ほか
書籍一覧[自己啓発]へ戻る

このページの上部へ