出版事業

トップページ >> 出版事業:経団連出版 >> 管理/監督者 >> 七つの能力 ─管理職前に身につける技法42

経団連出版 書籍詳細

お問い合わせは:TEL 03-6741-0043

ご注文について カートの中を確認する(購入) 一覧[管理/監督者]へ戻る
カートに入れる 七つの能力 ─管理職前に身につける技法42
金津 健治著
A5判 184頁
定価 1,728円
ISBN978-4-8185-1003-6

内容ともくじ
◇行動変革を促す仕事ツール

 本書は、リーダー職が仕事の進め方を見直し行動変革に役立つツールを提供するものです。リーダーに求められる自己認識力、コミュニケーション力、分析思考力、職務遂行力、後輩・部下指導力、チームワーク力、問題解決力についてそれぞれ六つのスキル・手法を取り上げ、難易度を段階的に引き上げられるよう優先度の高い順に構成、解説しました。
 各技法が必要とされる背景やそれらを身につける際の着眼点、具体的な活用法、留意点とともに、そのまま使えるワークシートを多数収録。マネジメントの基本から応用まで、自らの能力アップのため、さらには企業内研修や階層別研修のテキストとしても最適。ビジネスパーソン必携の書です。

〈主な目次〉
1.自己認識力
 ・リーダーとしての「やりがい・おもしろさ」を見出す
 ・これからのキャリアを描き将来の役割に備える
 ・チームの使命・役割を3つの拠りどころで明確にする
2.コミュニケーション力
 ・会議の目的に応じたシナリオを事前に描く
 ・相手の話を聴き出し相互理解をはかる
 ・大勢の人前であがっても自分をナビゲートできる
3.分析思考力 ・主張すべきこととその根拠を系統的にまとめる
 ・文章だけでは伝えきれない事象を効果的に表わす
 ・情報をグルーピングし関連づける
4.職務遂行力
 ・自分がやるべきことを自律的に見出す
 ・全員の仕事の幅を広げ多能化を推進する
 ・職務の流れを見える化しポイントを整理する
5.後輩・部下指導力
 ・一人ひとりを丁寧に指導育成する
 ・仕事内容についての解釈のずれを防ぐ
 ・「単純な仕事」「嫌な仕事」に価値を見出させる
6.チームワーク力
 ・職場の問題を見える化し全員で共有する
 ・仕事の苦労を分かち合いやりがいを認め合う
 ・相手の期待を理解しチームワークを発揮する
7.問題解決力
 ・問題解決のためのストーリーをまとめあげる
 ・仕事を標準化し用途に合わせた形式でまとめる
 ・作業手順を見直し残業を削減する

〈著者略歴〉
金津健司(かなづ・けんじ)産業能率大学主幹研究員。1976年慶應義塾大学法学部卒業。日本能率協会コンサルティングなどを経て現職。日本キャリア開発協会キャリアアドバイザー。著書「目標管理の面接技術」「すぐ使えるすぐできる目標設定法」(日本経団連出版)、「管理職のための七つの道具術」(プレジデント社)ほか多数
書籍一覧[管理/監督者]へ戻る

このページの上部へ