出版事業

トップページ >> 出版事業:経団連出版 >> 社会/経済一般 >> 職務発明制度Q&A−平成27年改正特許法・ガイドライン実務対応ポイント

経団連出版 書籍詳細

お問い合わせは:TEL 03-6741-0043

ご注文について カートの中を確認する(購入) 一覧[社会/経済一般]へ戻る
カートに入れる 職務発明制度Q&A−平成27年改正特許法・ガイドライン実務対応ポイント
経団連産業技術本部編著
A5判 120頁
定価 1,404円
ISBN987-4-8185-1603-8

内容ともくじ
 平成27年改正特許法は約90年ぶりの大改正となり、28年4月には新たなガイドラインも公表されました。今回の改正は、企業にとってビジネスの実態により即した「原始法人帰属」を認め、発明者に付与する「対価」を「相当の利益」とすることで、知財戦略の選択肢を広げました。この改正の趣旨に沿った、民間企業による実務面での具体的な対応が求められています。
 本書は今回の改正に完全対応し、わかりやすいQ&A形式で解説しました。人事・労務担当者から、知財のベテランまで必携の一冊です。

○今回の改正で何が変わったか
○法人帰属とするにはどうすればいいか
○「相当の利益」と「相当の対価」の違いは何か
○「相当の利益」の不合理性の判断はどのようになされるのか
○新入社員・退職者・派遣労働者への対応について
○中小企業の対応について
○特許出願しなかった発明について
書籍一覧[社会/経済一般]へ戻る

このページの上部へ